佐  藤  佐  太  郎  抄





二〇二一(令和三)年三月号(その一)  


 由 来

 
上目黒のお宅を訪ねたとき、歩道に連載中の「及辰園往来」のコピーの綴りを所持していた。「それを置いてってくれ」と先生は言われた。帰ってから自用のを再び作った。
 昭和五十一年五月一日訪問。先生は封筒から『及辰園往来』(求龍堂・四月二十日刊)を取り出し、「君が言って来たのを書いておいた」と、本を下された。赤い見返しの次の頁に、「愁思縁餘寒 衰容非疾病 今日復春分 辛夷百苞立 佐藤佐太郎 与菊澤研一君」。及辰園主の角印を押すとき私は、天地を逆にしてしまった。思えば何にでも落款を要するものでもなかろう。ここに()とあるのだから。
 題字は先生の墨跡である。この日B5版のコピーの綴り携えていた。歩道に掲載された短歌・随筆・表紙二・歩道通信の「往来」「私暦」、他の雑誌・新聞等に発表された諸作、先生に関する諸家の文章・記事の類を複写して冊子を作っていたのである。冊子のはじめに白い紙を付した。揮毫されるとき、「何と書けばいい」と言われた。「今日は天気がいいから散歩しよう」。蛇崩の道に山茶花が咲いていた。昭和五十二年十一月十三日のことである。
 この日は六十八の生日にあたり、午後、講談社刊『佐藤佐太郎全歌集』の出版祝が京王プラザホテル「南園」で開かれ、十余人が招かれたのであった。(題字先生)




二〇二一(令和三)年四月号(その二)  


 『短歌入門ノオト』の表紙


 
昭和二十年代、心的葛藤の渦中にあって、『斎藤茂吉秀歌』『短歌入門ノオト』を読み、二十七年八月歩道に入会した。ノオトは再販で帯文・高安國世。先生が高安に執筆依頼する訳はない。書評を読んだ伊藤禱一が転用したのだろう。初版本は二十余年後、大阪の古書店から入手。初・再の間に『帰潮』が出て二十七年五月、第三回読売文学賞詩歌賞を得た。因に第一回斎藤茂吉『ともしび』、第二回高村光太郎『典型』である。
 ノオトの再販本にかけたカバーが擦り切れたので外すと、裏に「表紙絵 小田野直武筆」とある。鼡色の地にモノクロの枇杷図だ。幹の尖端の花を囲む六葉、右上に蕾と三葉、左下に花芽と五葉。天頂の葉脈の鮮やかな広い葉と、左右に伸びた長い葉が図を引き締め、風格と気韻を象っている。緑の地の初版より数等上である。一月号から替った歩道の表紙絵、燕子花が同然の風韻を蔵し、ここにも佐藤佐太郎絵画の特質を認めることができるであろう。
 秋田八代藩主、曙山佐竹義敦の家臣、小田野直武(一七四九-八〇)は角館に生まれた。ゲーテと同年である。鉱山の調査に見えた平賀源内に画才を見出され、自身絵筆を握る藩公に召されて江戸詰となり、出府して間もなく、杉田玄白の『解体新書』に挿画を描く。秋田蘭画の一派は司馬江漢に先行する日本洋画の魁で、直武らを江湖に広めたのは平福百穂であった。